日々のこと

ARTICLE PAGE

author photo

Byモディ


1103271
  


昨夜、帰宅早々、「電話かけてみようかなぁ」と主人。
被災された仙台の友人。幸い自宅は、無事でした。
メールでは、やりとりしているけれどもなかなか
電話をかけるのも気を遣ってかけられなかった。
携帯電話のむこうから元気な声が、聞こえてきました。
「みんな、元気だよ」と。

ガソリンが、なく車の移動が出来ないようです。
宅急便の営業所までの足が、ないらしい。
ガスも使えない。
幸い電気だけは、使えるので工夫してお湯を沸かしたり身体を拭いたりしているようです。
食料の調達は、娘さんが、スーパーまで歩いて半日かけて買い求めるようです。
奥さんも元気らしい。
自営業ですが、まだ仕事に就く状況では、ないようです。

親友の声は、懐かしく力強かったにちがいありません。
日々仕事に悩んでいる主人は、反対に励まされたように思いました。
スポンサーサイト
Share

Comments 2

サラーム  

「声」を聞くと安心しますよね~。こういう時はメールも良いけど生の声が一番ですね。

段々生活が見えて来ましたね。
従姉もスーパーでは相当並ぶらしく、かなりうんざりしている様子でした。自転車が足らしいです。でも、本人は自転車乗れないので旦那と子供が走りまわっているようですよ。
ガスが通らないことは相当不便のようです。

仕事の再開までにはまだ遠いかもしれません。
何とか気持ちだけでも応援し続けたいです。

2011/03/28 (Mon) 09:12 | EDIT | REPLY |   

モディ  

Re: サラームさん、コメントありがとうございます。

> 「声」を聞くと安心しますよね~。こういう時はメールも良いけど生の声が一番ですね。

そうですね。やっと声が聞けた。主人は、本当に嬉しそうでした。

> 段々生活が見えて来ましたね。

連日、被災者の方々の様子を見るたびに心苦しくなりますね。
一日でも早く、ガス、電気、水道のある生活に戻して頂きたいと切に願いますヨネ。
しかし、ガソリンがないってどういう事なのでしょう。
自分に出来ることって具体的には、義援金として役立てていただくこと以外にありません。
無力だなぁと思ってしまいます。

2011/03/28 (Mon) 20:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply